新着情報

目の下のたるみ、原因と予防



 

疲れ?影?はエイジングサイン

鏡の中の自分を見て「疲れている?」「影があるような?」

そんな印象を持ち始めたならば、もしかしたらそれは「老い」のサインかもしれません。

多くの女性は、30代から40代前半になって、今までなかった顔のたるみや影の存在を気にし始めます。

 

中でも「目の下のたるみ」の出現に頭を抱えている方は多いはず!

目元の印象は、その方の顔全体の印象と言ってもよいぐらいインパクトが強く、

目元が老けていれば、見た目年齢をグッとひきあげてしまいます。

何もせず放っておけば、そのたるみはこの先、50代、60代となった時に、

さらにあなたを悩ませる存在となることでしょう。

目元のアンチエイジングを考えるタイミングは「今」かもしれません!

今回は「目の下のたるみ」の原因、予防法、そして進化し続ける治療法についてお話したいと思います。

 

「目の下のたるみ」の3つの原因

原因① 眼輪筋の衰え

「目の下のたるみ」は医学的に解説すると、目の周りの筋肉(眼輪筋)が弱くなったことによって、

顔の内側にある脂肪が前に飛び出した状態のことをさします。

眼輪筋が弱くなる原因は、以下のようなことが考えられます。

① 加齢による筋肉の衰え

② 紫外線のダメージによる筋肉組織の破壊

③ メイク等で目をこするなどの日常の刺激による筋肉組織へのダメージ

④ パソコンやスマートフォン等で目を酷使した結果、まばたきの回数が減り、眼輪筋肉が衰える

 

原因② 紫外線の影響による肌のダメージ

繰り返し浴び続けた紫外線、特に UV-A波は、

肌組織の深部にあるコラーゲンやエラスチンにダメージを与え、肌のハリや弾力を奪ってしまいます。

目の下は意外と日焼止めを塗り忘れたりすることから紫外線ダメージが現れやすい箇所です。

きちんと紫外線対策をしてこなかった方ほど、目の下のたるみが顕著に現れます。

 

原因③ 血行不良によるたるみ

運動不足や冷え性の女性に多くみられるのが、目の下の血行の滞りによる「たるみ」です。

最初は「青クマ」のような状態から始まり、さらに新陳代謝が悪化すると「たるみ」を引き起こします。

以上が「目の下のたるみ」を引き起こす原因です。

たるみが出現するのは一般的には30代から40代ですが、50代、60代と歳を重ねるにつれ、

たるみは進行していくので、早いタイミングで改善策、予防策を実行することが大切です。

 

実践「目の下のたるみ」予防法!

今日からでもすぐに実践できる、たるみ予防法をいくつかご紹介します。

 

【眼輪筋をトレーニング】

眼輪筋(目の周りの筋肉)の筋トレは目の下のたるみの改善・予防に大変有効とされています。

①指で上まぶたが動かないように押さえます。

②下まぶたを引き上げるイメージでウインクをします。

③このウインクを左右交互に5回ずつ。

ゆっくり時間をかけて繰り返します。

特別な道具も必要ないので、パソコン仕事の合間や、テレビ鑑賞の合間に積極的に取り入れてみてください。

 

【目の周囲の刺激を避ける】

眼輪筋は、繰り返し受ける毎日の刺激によって少しずつ破壊されます。

メイクやクレンジング、洗顔、コンタクトの付け外しの動作。

これらの日常動作で、目元に余計な刺激を与えないことが大切です。

やさしいタッチを心がけることで「目の下のたるみ」を予防することができます。

 

【目元の血行を良くする】

目の下の血行の滞りが、クマやむくみを作り、それが「たるみ」へと進行する場合があります。

血行を改善するには、サウナや岩盤浴、ホットヨガがお勧めです。

また、起床時にホットタオルを目元にあて、リラックスタイムを持つ事もクマやむくみ改善につながります。

 

【目元も紫外線対策】

目の周辺の、肌組織や筋肉組織にダメージを与えないためには、しっかりとした紫外線対策が不可欠です。

また、肌のバリア機能を維持するためには、目の周りの保湿対策も忘れてはいけない重要なポイントとなります。

以上がご自身でも簡単に取り入れることができる「目の下のたるみの予防法」です。

今日からでも実践していきたいですね。


大阪市福島区でお肌のことでお悩みなら美顔専門サロン、シモンビューティクリニーク福島店にご相談下さい。


会社名:シモンビューティクリニーク福島店

住所:〒553-0003 大阪府大阪市福島区福島7-5-2 アネストビル2F

TEL:06-6454-9355 
FAX : 06-6454-9355

営業時間 :11:00~19:00 定休日:日曜・祝日

業務内容:美顔専門サロン

pagetop