新着情報

あなたの「クマ」はどのタイプ?


 

実は「クマ」にも3つのタイプがあることをご存知でしたか?

それぞれに特徴があり、それぞれに原因と対処方法が全く異なります。

 

ですので、まずはご自身がどのタイプの「クマ」にあてはまるかを知ることから始めましょう!

今すぐできる簡単な「クマ」チェック!

 

●目の下の皮膚を押すと、少しは目立たなくなる

青クマタイプ

 

●目の下の皮膚を押しても、顔を天井にむけてみても変わらない

茶クマタイプ

 

●顔を天井にむけて、鏡をのぞき込んでみると目立たなくなる

黒クマタイプ

 

3つのタイプ別「クマ」対処法

ご自身の「クマ」タイプがわかったところで、それぞれのクマの原因とそれぞれに適した対処法をご紹介。

 

■青クマタイプ

【原因】

ずばり血行不良です。血行不良は「疲労蓄積」「睡眠不足」「冷え」「ストレス」「運動不足」「眼精疲労」とさまざまな要因によって引き起こされます。

【対処法】

「まばたき」を頻繁にしたり、蒸しタオルで目の周りのを温めることで血行を促進するというセルフケアが有効です。また、睡眠を十分にとり、ストレスフリーな生活を心がけることでかなり改善が望めます。

 

■茶クマタイプ

【原因】

茶クマの正体は色素沈着。いわゆるシミやくすみのことです。色素沈着は「肌の乾燥」「紫外線によるメラニン色素の増加」「落としきれてないアイメイク」「クレンジング時などに与える強い摩擦」などの要因によって引き起こされます。

【対処法】

いわゆるシミやくすみなので、紫外線対策と美白ケアが大切です。UVケアをマメにし、美白化粧品を使ってみましょう。しっかり保湿もお忘れなく。

またアイメイクのクレンジング時に擦りすぎないこと、なおかつメイクはしっかりと落として残さないことが大切です。これは難題ですね。茶クマにお悩みの方はアイメイクは最初から控えめにした方が賢い選択と言えるかもしれません。

 

■黒クマタイプ

【原因】

目の下にできた真っ黒なクマ。悲しいかな、これは加齢によるクマです。歳を重ねたことにより薄くなった目元の皮膚がたるんだり、小じわが増えたことで影ができてしまいます。

【対処法】

たるみや、しわを改善しない限り消すことはできません。黒クマはヒアルロン酸やコラーゲンを補給するなどのアンチエイジングケアが鍵となります。

 

プロのケアで「クマよさらば!」

黒クマの正体がハッキリしたところで、感の良いエイジング世代の方はお気づきなのではないでしょうか?

40歳以上のエイジング世代のほとんどの方は「黒クマ」または「黒クマ」に「青クマ」「茶クマ」が合体した「混合クマ」に悩まされているのです。

そして一番セルフケアだけでは対処しきれない、難解なタイプであることもお分かりいただけたかと思います。


pagetop