新着情報

くすみの種類とセルフケア法について


 

お顔の印象を左右する「肌のくすみ」。

年齢よりも上に見られ、「疲れている」「暗くどんより」など、本来の明るい表情がくすみで隠れてしまいます。

メイクでカバーする方法もありますが、お肌がくすむ原因を知り、「艶やかな肌体質」になるのが一番!

そこで、くすみの種類やその原因、セルフケア方法、注意点などについてお教えします。

 

肌のくすみとして表れる4つのパターン

肌のくすみを根本から改善するには、「何が原因でくすんでしまったのか」を知ることが大切です。

ここでは代表的な「4つのくすみパターン」とその原因をお教えします。

 

肌のくすみパターン1:紫外線によるくすみ

肌は刺激に強くありません。そのため、紫外線はお肌にとって天敵とも言えます。

紫外線を受けると、肌を守るために「メラニン色素」が生成されます。

メラニンは褐色なので、増えれば増えるほど肌の透明感が失われていきます。

多少の紫外線なら良いのですが、強い紫外線を受けるとメラニン色素が過剰に生成されてしまうため、

しみやソバカスの原因にも。

また紫外線だけでなく、摩擦などによる「強い刺激」でもメラニン色素が生成されるので注意が必要です。

 

肌のくすみパターン2:乾燥によるくすみ

お肌にとっては「乾燥」も厳禁。

くすみをはじめ、目元のシワやカサカサ肌、毛穴の目立ちなど、乾燥はさまざまな肌トラブルの元となります。

肌が乾燥するとバリア機能が低下。

このバリア機能を補うために角質が厚くなります。

角質は黒っぽい色をしているため、肌がくすんでしまうのです。

また、肌に水分量が足りなくなると色つやが悪くなり、肌がくすんでしまいます。

 

肌のくすみパターン3:血行不良によるくすみ

血行が悪いと、停滞箇所に血液が溜まってしまいます。

すると、血液が透けて見え、肌の色がトーンダウンして見えるのです。

血の巡りは「肌のターンオーバー」を遅らせることもにも繋がってきます。

放っておくと、顔のくすみだけではなく、

シワや乾燥などの肌トラブルにも発展してしまうので、早めのケアが大切。

ストレスや疲れ、睡眠不足も血行不良を助長します。

血行不良からくる肌のくすみは、生活習慣に大きく左右されるのです。

 

肌のくすみパターン4:糖化

糖化とは、食事などで摂取した余分な糖質が肌のタンパク質と結びつくこと。

砂糖とタンパク質が結びつくことで、ホットケーキのように肌が黄色くくすんでしまいます。

糖化が進むと、肌のくすみはもちろん、シミ、髪のハリ艶にも影響が。

「体のコゲ」とも言われるように、健康面でも影響が出やすいため、しっかりとケアすることが大切です。

 

肌のくすみを根本改善するために。知っておきたい「体質」のこと

肌のくすみは、「身体の内側」に発生しているトラブルが表面にあらわれたもの。

肌の状態は鏡を見れば確認できますが、内側にある根本原因は判断することができません。

「どうせ分からないから…」と、肌のくすみに良さそうな方法を手当たり次第試すのも良いのですが、

くすみの原因解消に繋がる方法と出会うまでに、時間がかかることが考えられます。

更に、誤ったくすみ対策をすると、身体を痛めてしまいかねません。

 

ここでは「体質チェック」をおすすめしています。

体質チェックとは、中医学をベースにした考え方で「人は9つの体質に分けられる」という観点から、

その人に合う体質改善を行うものです。

9体質の中には「瘀血体質」という体質があるのですが、この体質の人は「血の巡り」が良くない傾向にあります。

一方、「陰虚体質」は「乾燥肌」になりやすい特徴があります。

自分がどんな体質なのかを知ることで、改善方法を正しく選ぶことができます。

 

タイプ別、肌のくすみ撃退セルフケア

では、ここからは肌のくすみを解消するためのセルフケア法をみていきます。

食事、運動、睡眠、生活習慣など、ご自身で実践できる方法を厳選しました。

「これなら取り組めそう」と思うものから、くすみ対策にチャレンジしてみてください。


大阪市福島区でお肌のことでお悩みなら美顔専門サロン、シモンビューティクリニーク福島店にご相談下さい。


会社名:シモンビューティクリニーク福島店

住所:〒553-0003 大阪府大阪市福島区福島7-5-2 アネストビル2F

TEL:06-6454-9355 
FAX : 06-6454-9355

営業時間 :11:00~19:00 定休日:日曜・祝日

業務内容:美顔専門サロン

pagetop