新着情報

クレンジングと洗顔の役割!


 

実はクレンジングと洗顔の違いがよくわかっていない、

とりあえずやっているという方は、意外と多いのではないでしょうか。

クレンジングと洗顔はそれぞれに違う役割があり、とても大切です!

今回は、クレンジングと洗顔のそれぞれの役割と正しい方法、についてご紹介します♫

 

クレンジングと洗顔の役割

クレンジングはメイクの油を浮かせて落とす役割があります。

一方、洗顔は汗や皮脂、古い角質、ほこりなどの汚れを落としたり、

肌に少し残ったクレンジングを落としたりするという役割があります。

そのため、どちらか片方のみだとメイク汚れがきちんと落ちなかったり、

肌についた余分な皮脂や毛穴汚れなどが肌に残ってしまったりすると言われています。

肌に残った汚れなどは、毛穴に詰まってニキビや黒ずみの原因の一つになったり、

落ちなかったメイク汚れがシミやくすみの原因となったりする可能性もあります。

 

クレンジングと洗顔の正しい方法

クレンジング、洗顔前の下準備

・メイクを落とす前に手を洗い清潔にする

きちんと手を洗い、清潔にしてください。

手が汚れたままだと、泡立ちが悪くなり、せっかくクレンジングや洗顔をしても台無しとなってしまいます。

また、雑菌が手についたまま顔に触れると、肌全体に菌をまき散らしてしまうこともあるので、

まずはハンドソープや石鹸でしっかりと手を洗うようにしましょう。

 

・口元や目元などのポイントメイクを先に落とす

マスカラなどのアイメイクや口紅などのポイントメイクをポイントリムーバーで

先に落としておくことで、肌への負担を軽減させましょう。

ベースメイクからポイントメイクまですべてを一度で落とそうとすると洗浄力が足りず、

無理に落とそうとして擦ってしまい、肌への負担が大きくなってしまいます。

 

正しいクレンジング方法

①クレンジングはTゾーン、おでこ、鼻からのせて肌へなじませる

Tゾーン(おでこ、鼻)からのせて、なじませてください。

なじませる際は肌を擦らないように意識し、時間をかけすぎないように気を付けましょう。

クレンジングを長時間、肌にのせているのはよくありません。

 

②ぬるま湯30度から32度くらいですすぐ

ぬるま湯でクレンジングを擦らずに優しくすすいでください。

お湯の温度が熱すぎると、肌にとって必要な皮脂まで一緒に落としてしまい、乾燥の原因の一つとなります。

毛穴から余分な皮脂が浮き出すのが、大体30~32度くらいだと言われています。

触ったときにぬるいなと感じる程度を目安に温度調整をするよう心掛けましょう。

 

正しい洗顔方法

①洗顔料をよく泡立てる

洗顔料をよく泡立てて汚れを擦るのではなく、浮かせるように優しく肌になじませてください。

泡立てネットを使って水をしっかりと含ませて泡立てると、きれいに泡立ちます。

 

②Tゾーンから、頬、目や口などの順番で洗う

まずは比較的皮脂が多いTゾーン(おでこ、鼻)から洗い、次に頬を優しく洗います。

目や口周りは最後に洗ってください。

目や口周りは皮膚が薄くデリケートなため、

泡をのせるだけで、ほとんどこすらないように気を付けましょう。

 

③素早くなじませてぬるま湯でしっかり落とす

洗顔は大体1分から1分半程度で、汚れが落ちるので素早くなじませて落としてください。

長時間、洗顔料をのせて洗っていると肌への負担が大きくなり、

乾燥などの原因の一つとなるため、意識して洗いましょう。

すすぐ際は、クレンジング同様に30度から32度あたりのぬるま湯で

こめかみや髪の生え際にすすぎ残しが残らないよう擦らずにしっかりとすすぎましょう。

 

④清潔なタオルで擦らずに優しく水気を取る

清潔なタオルで擦らずに肌に当てて、水気をポンポンと優しく拭き取ります。

決してゴシゴシと擦るように拭かないように気を付けましょう。

 

まとめ

クレンジングと洗顔にはそれぞれ大切な役割があり、

どちらもキメの整った潤い肌を目指す上で欠かせません。

毎日おこなうクレンジングと洗顔の正しい方法を身に着け、

誰もが憧れるようなキメ細やかな憧れ肌を手に入れましょう♫


pagetop