新着情報

秋はお肌を労労わる季節。ダメージ肌をリセットして冬に備えよう!


 

秋の肌は

・夏の間のダメージで肌トラブルが発生しやすくなる

・季節の変わり目で肌にもストレスがかかりやすい

・皮脂の分泌機能の低下や、空気の乾燥により肌が乾燥してくる

という状態です。

そんな肌の状態を放置してしまうと、肌の老化に繋がり、

本格的に乾燥が激しくなる冬に肌が対応できなくなってしまいます。

そのことからも夏が終わりに近付いたら早い段階で秋のスキンケアにシフトしていくことが大切になってきます。

 

肌の機能を正常化。紫外線の影響による肌のダメージを回復!

夏の間は特に、肌は紫外線の影響を受けています。

そのため秋の肌は角質層の機能が低下し乾燥肌なりやすい状態になっています。

そんなダメージを回復して乾燥から肌を守りましょう。

 

ターンオーバーを正常化!水分保保持で角質層へのアプローチ

皮膚の一番外側にある角質層は

・肌を守るバリア機能

・肌内部の水分を保持する保湿機能

を備えており、角質層を健康な状態に保つことが美肌へのポイントです。

そのために必要なってくるのが肌の新陳代謝である正常なターンオーバーです。

皮膚の新しい細胞に押し上げられるように皮膚の古い細胞は最後には垢となって剥がれ落ちます。

こうして表皮は肌の生まれ変わりを絶えず行っている状態です。

ターンオーバーを正常に保つためには角質層を健康な状態に保つことが大切です。

 

十分な水分保持、保湿を行う

洗顔後は化粧水をたっぷりと使用して、肌に十分な水分を与えましょう。

肌に浸透させた後は乳液を使用して肌から水分が蒸発してしまうことを防ぐことも重要です。

オイリー肌の人は保湿を怠りがちですが、ターンオーバーを促すためには保湿が欠かせません。

角質層を柔らかくすることで古い角質が剥がれやすい状態を作るスキンケアが大切です。

夏の間は大量の紫外線によりメラニンの生成量も多く、ターンオーバーが正常に行われない場合、

生成されたメラニンはそのまま肌内部に留まってしまうことになり、

それがシミやそばかすの原因となってしまいますが、

ターンオーバーが正常な状態であれば肌の生まれ変わりとともにきちんと排出されます。

機能を正常に戻して保湿作用をアップさせましょう。

 

基礎化粧品の衣替えが必要

夏にさっぱりタイプの化粧水を使用しているという人は多いでしょう。

その化粧品を引き続き夏が終わっても使用してしまうと、

乾燥しやすい秋の肌には保湿力が足りない可能性があります。

秋になると乾燥肌に悩まされるという場合はさっぱりタイプの化粧品から

しっとりタイプの化粧品に衣替えすることもおススメです。

 

しっかりクレンジング

クレンジングは、

・メイクでの皮脂汚れ

・毛穴に詰まった角質

・黒ずみ

などを落とすためのものです。

クレンジングを行う前に顔全体を温めると毛穴が開き汚れを落ちやすい状態にしますので、

ホットタオルなどで肌を温めてから行うと効果的ですよ。

また肌にあまり刺激を与えないことが理想的。

オイルタイプのクレンジングは洗浄力が高いですが、

肌への負担は大きくなってしまうので、ジェルタイプやクリームタイプがおススメです。

オイルタイプを使用したい場合はオリーブオイルなど

天然のオイルを使用すると肌にも優しく低刺激でおススメですよ。

 

しっかり洗顔

洗顔は

・肌に必要のない古い角質

・余分な皮脂・汗

・顔に付着したホコリ

肌に必要のない古い角質

などを落とす作業です。

しっかりとクレンジングを行った後はしっかりと洗顔を行いましょう。

洗顔で大切なことは泡で洗うことです。

泡だてネットを使ってたっぷりの泡を泡だてた後、指の腹を使って擦りすぎないよう優しく洗いましょう。

肌の上で擦りながら泡を立てることは絶対にNG!肌には出来るだけ刺激を与えないことが重要です。

洗顔は「たっぷりの泡で優しく洗う」を心掛け洗顔が肌の負担いならないように注意しましょう。


pagetop